2018.11.16
プレスリリース
杉原海太氏がアンバサダーに就任

<スポーツ人財のキャリア支援などを行うスポーツフィールド、日本人で唯一FIFAに勤める杉原海太氏がアンバサダーに就任>

スポーツ人財のキャリア支援などを始め、「スポーツの可能性を様々なフィールドで発揮する」株式会社スポーツフィールド(本社:東京都新宿区 代表取締役:篠﨑 克志)は、アンバサダーとして、日本人唯一のFIFAコンサルタントとして活躍される杉原海太氏に就任いただいたことをご報告させていただきます。

指導風景2


<名前>
杉原海太

<経歴>
1996年に東京大学工学部修士課程修了後、デロイトトーマツコンサルティング等にて戦略、業務改革、ITコンサルティングに従事。
2005年にThe FIFA Master 第5期生として修了した後、2006年から8年間勤務したアジアサッカー連盟では、Head of Developmentとして各国リーグ・クラブ支援プログラム(AFC KICK OFFProgramme)の立ち上げに尽力。
2014年からはFIFA Consultantとして、協会・リーグ・クラブのガバナンス(Professional FootballDepartment, FIFA Club Licensing System)、戦略立案・業務改革 (FIFA PERFORMANCEProgramme)、 及びITコンサルティング(FIFA Connect Programme)の分野において、アジアだけではなく世界の各地域に活躍の場を広げている。

<杉原氏コメント>
この度、アンバサダーとして就任させていただき、非常に嬉しく思います。自分の日本や海外のスポーツ界での経験を活かして、共同研究や講演等を通じ、スポーツの多面的な価値を広めていく事に貢献できればと思います。

<アンバサダー制度について>
 現役/元アスリートや指導者、教育者、各スポーツ団体、スポーツ関連企業など、スポーツ界で顕著にご活躍されている方で、かつ当社に共感をいただいた方にアンバサダーとしてご就任いただき、当社の理念や活動を世に広めることを後押ししていただく取り組みになります。

一覧へ戻る