2018.11.21
プレスリリース
スポーツのチームワークを社会貢献に。エコキャップ運動を開始しました。

「スポーツのチームワークを社会貢献に。エコキャップ運動を開始しました。」

スポーツ人財のキャリア支援などをはじめ、スポーツ業界における総合的なサービスを提供する株式会社スポーツフィールド(本社:東京都新宿区 代表取締役:篠﨑 克志)は、社会貢献活動の一環として、ペットボトルのキャップ分別回収を行う「エコキャップ運動」(http://ecocap.or.jp/)を実施いたしました。

また、本取り組みでは佐川急便株式会社の社会貢献活動の一つであるエコキャップ配送サービス袋を利用し、一般料金よりも低価格で実施することができました。(参照:http://ecocap.or.jp/kaisyu/haisoservice/

エコキャップ資料 

エコキャップ運動とは、ペットボトルのキャップを収集することで
1)リサイクル促進、
2)環境保護活動、
3)国内外の子どもの医療支援や生活支援、
4)リサイクルに係る一部工程を担っていただく方々として障がい者・高齢者雇用の促進 の4つの活動になります。

この度、当社では2018年7月中旬からエコキャップの収集を開始し、10月11日時点で1,161個のエコキャップをエコキャップ推進協会へ納めることができました。今後もより多くのエコキャップを納められるように取り組みを続けてまいります。

エコキャップ資料2

(以下 CSR担当役員の永井と、収集したエコキャップ)

弊社役員 永井

一覧へ戻る