2018.10.3
プレスリリース
平成30年度内定式を実施
スポーツ人財の就職・採用支援サービスを手掛ける株式会社スポーツフィールド(本社:東京都新宿区 代表取締役:篠﨑 克志)は、平成30年度内定式を実施したことをお知らせします。

内定式


<概要>
10月2日、平成30年度内定式が本社オフィスにて実施されました。全国各拠点から総勢30名が揃い、入社に向けての準備を行いました。内定者の大半が大学スポーツ出身者であり、共にスポーツの価値を証明し、様々なフィールドで発揮していくことができると確信したメンバーです。

 内定者は全国優勝を始めとするプレイヤーとしての実績だけでなく、体育会本部で大学スポーツの価値を届ける活動をしていた者、マネージャーとしてやサポーターとして支えていた者など、様々な形でスポーツに関わってきた個性ある内定者が揃いました。

 また、式辞では内定者一人ひとりから決意表明があり、入社する動機や、将来成し遂げたいことから、自分自身の縁ある地域に貢献したい旨まで、様々な想いを発表しました。  内定式の前日には内定者研修を実施し、自身のなりたい社会人像を描くとともに、一緒に働く仲間のことを深く理解する時間を過ごしました。内定者一人ひとりがスポーツフィールドの社員になることを期待した状態で入社できるよう、今後も当社としても最大限の受け入れ体制を整えてまいります。

[本記事に関してのプレスリリース元]
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000049.000025453.html
一覧へ戻る