2021.3.24
ニュース
NIKKEI U-22にも取り上げられたいま話題のデータを大公開!データで見えた体育会学生の強みとは? 【体育会学生のトリセツ】

年間20,000名以上の体育会学生が利用する就職活動支援サイト「スポナビ」を運営する株式会社スポーツフィールド(本社:東京都新宿区 代表取締役:篠﨑 克志)は、体育会学生に関するデータを定量的・定性的に分析をした「体育会学生のトリセツ」をリリースします。

第1弾★体育会学生のトリセツリリース

▼ダウンロード▼

http://lp.sports-f.co.jp/lp_WP_torisetsu.html

▼調査の背景 体育会学生は、「主体性がある」「ストレスコントロールができる」「実行力がある」などと当社でもお伝えしてきました。今回これらを客観的に数値化した上で分析できる資料が完成したことで、より「体育会学生の価値」、「スポーツの価値」が高められたのではないかと考えております。ぜひ、ダウンロードをしてご活用ください

▼調査手法
2019年より、ブライトン・コンサルティング株式会社保有のビノベーションレポート(※1)を活用して、体育会学生に対して定量的な調査・計測を行ってまいりました。
この度、法政大学キャリアデザイン学部 田中研之輔教授、同 田澤実教授監修のもと、受検結果と属性(部活動、役職、大学実績など)の相関について、男女別に考察しました

第2弾:リリース記念 「トリセツ解説セミナー」開催決定

■概要
4月下旬に、レポート制作にご協力頂いた田中研之輔教授、ビノベーションレポート開発者の前川明海氏をゲストにお迎えして、レポートではお伝えしきれなかった解説セミナーを開催予定です。

本レポート、セミナーを通じて、体育会学生の行動特性や特徴とはどのようなものかをご理解頂き、優秀な体育会人財のご採用にご活用頂けることを切に願っております。

■ゲスト
①田中 研之輔 (たなか けんのすけ)
法政大学キャリアデザイン学部教授

一般社団法人プロティアン・キャリア協会代表理事 一橋大学大学院社会学研究科博士課程を経て、メルボルン大学、カリフォルニ ア大学バークレー校で客員研究員をつとめる。日本学術振興会特別研究員 (SPD:東京大学) 。
社外顧問を24社歴任。著書25冊。著書に『プロティアン』(日経BP)『ビジトレ―ミドルシニアのキャリア開発』(金子書房)他

②前川 明海(まえかわ あきうみ)
行動特性を可視化する「ビノベーション®レポート」開発責任者

ソフトバンク株式会社にて、15年間SE部門のマネジメント職を担当。個人の特性を知ることで伝わるコミュニケーションを広げたいとの思いから、2018年4月ブライトン・コンサルティング株式会社を創業。同社で取り扱う「ビノベーション®レポート」はデータに基づき、アスリートのチカラを就活に必要なチカラへ変換することを助け、アスリートの特性を客観的に診断することができるアセスメントツール。
著書(共著)「人間関係でストレスを感じたら読む本」他

■本件に関するお問い合わせ
事業企画室 矢ヶ崎、一宮
Tell:03-5225-1481
Mail:info@sports-f.co.jp

一覧へ戻る