2017.8.17
スポーツ支援
スポーツフィールドは「BIWAKO湖フェス~海と日本PROJECT~」を応援しています!

【スポーツフィールドは「BIWAKO湖フェス~海と日本PROJECT~」を応援しています!】
当日は初代スポーツ庁長官 鈴木大地氏 もお越しになる予定です。

〈湖フェスとは〉
日本財団のサポートプログラム「海と日本PROJECT」のもと、湖の大切さを学び、湖上スポーツの楽しさや、障がい理解促進を目的とし障がいの有無に関わらず、一緒に楽しめるボートやカヌーなどのスポーツを体験できるコーナーを中心に構成し、2日間に渡り、ステージでのショー等を入れ込みながらイベントが開催されます。

また、地元の特産物などを楽しめるブースなどもあり、イベントに参加して頂いた皆さんが、湖の大切さを学びながら楽しめるフェスとなっています。将来的には琵琶湖周辺を、子ども・高齢者・障がい者など様々な人が気軽に湖上スポーツを楽しめる拠点づくりへと繋げていきたいと考えています。ぜひご来場頂き、お楽しみください。

〈海と日本PROJECTとは〉
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、ときに心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子供たちをはじめ全国の人たちが「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、日本財団、総合海洋政策本部、国土交通省の旗振りのもと、オールジャパンで推進するプロジェクトです。

名称:BIWAKO湖フェス~海と日本PROJECT~(略称:湖(うみ)フェス)
日時:2017年9月2日(土)~9月3日(日)午前10時~午後4時
場所:びわこボートレース場(滋賀県大津市茶が崎1-1)
主催:琵琶湖ローイングCLUB
共催:日本財団(このイベントは、海と日本PROJECTの一環で実施しています)
運営:びわ湖放送
後援:滋賀県、滋賀県教育委員会、大津市、大津市教育委員会、滋賀県体育協会、大津市体育協会、 滋賀県障害者スポーツ協会、滋賀県ボート協会、大津商工会議所、大津ロータリークラブ、 びわこビジターズビューロー、びわ湖大津観光協会、朝日新聞大津総局、京都新聞、産経新聞社、中日新聞社、日本経済新聞社 大津支局、NHK大津放送局、KBS京都、エフエム滋賀

協賛:マココロ、野村證券大津支店、KIRINビバレッジ、エールコーポレーション、ホテルプラザオーサカ、JA共済、スポーツフィールド、アーム保険設計、松喜屋、村田自動車工業所、アヤハグループ、花街道、澤村、ドリーム・ビージー、笹川組

協力:滋賀県立膳所高等学校、滋賀県立瀬田工業高校、いしやま内科整形外科

URL:http://www.rainbowmaru.jp/umifes2017/index.html

一覧へ戻る